【図解付き要約】「未経験から稼げる「書く副業」のはじめ方」を読んで

本要約
スポンサーリンク

美容師のかたわら副業としてライターの仕事を始め、専業ライターとして独立後、会社を設立し上場企業からも表彰を受けたこともある『藤原将』氏の著書です。

「手堅く収入を得るための手順」を解説しており、副業ライターとして「書いて稼ぐスキル」を身に付けるための本です。

こんな人にオススメ
  • Webライターになりたい人
  • 副業を始めたい人
  • 書くスキルを身につけたい人

上記に当てはまるような方は是非読んでみてください。

本記事は、私が重要だと思ったことを要約して記載しています。備忘録として記載している部分もございますがご容赦ください

スポンサーリンク

本書の要約

わかりやすい文章の書き方

Webライターの仕事は、調べごとをしている読者に「悩みを解消する情報」をわかりやすく、正確に届けることです。

小説家や詩人のような気の利いた文章表現は必要なく、必要とする情報をわかりやすく、正しく伝える文章術が必要となります

ポイント① 短く、シンプルに

区切ることなく長々と書かれた文章は、伝えたいことが理解しづらくなります。

  • なくても違和感のない一文を削る
  • 一文が長くなったら分割する

そうすることで重要度の高い要素のみ残ったスリムな文章に仕上がります。

ポイント② 結論から伝える

ネット記事の読者は「早く結論を知りたい」と考える傾向にあるため、ネット記事を書くときは結論から書き始めることが読者への配慮となります。

  • 逆三角形(結論⇒解説⇒補足)
  • PREP法(結論⇒理由⇒例示⇒結論)

を活用することで、読者が納得できる信憑性のある文章になります。

ポイント③ 箇条書き、図表、文章に余白を使う
文章はいくつもの情報を同時に並べることが不得意です。

同時に情報を並べる際は箇条書きにすることで各項目を把握しやすくなります。

(例)売上高上位企業

  • トヨタ自動車
  • 本田技研工業
  • 三菱商事
  • 日本電信電話

さらに1箇条あたりの情報量が多い場合、表を用いることで情報を整理して伝えやすくなります

(例)果物の特徴

種類特徴
イチゴ甘い
ブドウ甘い
レモン酸っぱい

そして、余白のない窮屈な文章は、読者に「読むことが大変そう」だと思わせてしまいます。

  • ひらがなの割合を増やす
  • 空行を追加する
  • 音読した時に息継ぎする場所へ句読点を入れる

ポイント④ わかりやすい言葉を選ぶ

あなたが普段使う言葉を読者は知らない可能性があります。

  • 中学生でも理解できる言葉か
  • 複数の意味に捉えられる言葉ではないか
  • 用語を補足できているか

このような配慮ができないと読者に「この記事は不親切だな」と思わせてしまいます。

ポイント⑤ 書いた文章を読み返す

自らの文章を読み返し分析する習慣をつけることで文章力は向上します。

読み返す際には次の5点を注意して行いましょう。

  1. 主部と述部はかみ合っているか
  2. 同じ文末が続いていないか
  3. 同語反復になっていないか
  4. 言葉の意味を誤っていないか
  5. 言葉の漢字・ひらがなが統一されているか
わかりやすい文章を書くポイント
  1. 短く、シンプルに
  2. 結論から伝える
  3. 箇条書き、図表、文章に余白を使う
  4. わかりやすい言葉を選ぶ
  5. 書いた文章を読み返す

ネット記事の構造

Webライターの仕事の大部分はネット記事を書く業務なので、「ネット記事はどのような構造になっているのか」を知っておくことでスムーズに業務を進めることができます。

ネット記事の構成は以下のような構造になっています

① タイトル+アイキャッチ画像

記事の内容を端的にあらわすテキストとその近くに配置される画像のことです。

GoogleやYahoo!を使って調べごとをする際に検索結果に表示される文言がタイトルです。読者が強く関心を抱くタイトルであるほど記事は読まれやすくなります。

② 導入文

タイトルやアイキャッチ画像の下に配置されるテキストです。

読者に対して「どのような悩みを解決し、どのような未来を与えるのか」を解説し、本文に対する期待感を膨らませる役割があります。

③ 見出し+見出し下の画像

記事を構成する各章のタイトルとなるテキストと見出しの下に配置される画像です。

見出しの文言と一致する画像を配置することでこれから触れる内容を視覚的に知らせる役割があります。

④ 本文

見出し部分で提起した問題を深堀する部分です。

読者へ適切に情報を届けられるよう、分かりやすい文章で記載します

実際にGoogleで記事を検索し、上記構成が実際にどのように記載されているか目を通してみてください。

ネット記事の構造
  1. タイトル+アイキャッチ画像
  2. 導入文
  3. 見出し+見出し下の画像
  4. 本文

「書く副業」による仕事のとり方

Webライターとして仕事をとる方法はいくつかある中で、本書ではクラウドソーシングというサービスを利用して仕事を獲得する方法を提案しています。

クラウドソーシングとは「仕事を任せたい人」「仕事を受けたい人」のマッチングサービスです。

クラウドソーシングサービスから気になる仕事を探し、募集要項を確認します。「この仕事をやってみよう」と思ったら提案分を送信し、採用された場合仕事開始となります。

手順① クラウドソーシングサービスに登録する

  • ランサーズ(https://www.lancers.jp/)
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

上記2つのサービスは国内最大手のサービスなので案件数も多く、登録料無料、仲介手数料が報酬額から引かれるのみなので、できる限りお金をかけずWebライターの仕事を始めることができます。

手順② 魅力的なプロフィールをつくる

プロフィール作成のポイント

  • 実名、もしくは実名風に
  • 誠実さを感じるプロフィール写真にする
  • あなたの魅力を凝縮したキャッチフレーズをつくる
  • 自己紹介文は経歴の羅列にしない
  • 定期的に見直し他人に感想をもらう

手順③ 仕事をとれる提案分をつくる

提案分とは営業メッセージのことです。

「私はこういう能力があるから採用してください」と伝えるために送るものになります

提案分作成のポイント

  • その募集のために考えられたメッセージ
  • 役に立てる根拠を伝えているメッセージ
  • 文面からプロ意識を感じるメッセージ

手順④ 採用

依頼元に採用され無事仕事が開始します

「書く副業」による仕事
  1. クラウドソーシングサービスに登録する
  2. 魅力的なプロフィールをつくる
  3. 仕事をとれる提案分をつくる
  4. 採用
スポンサーリンク

本書を読むには

単行本・電子書籍の購入も可能ですが、タイミングによって「Amazon Prime」「Kindle Unlimited」での読み放題も可能です。

下記リンクから購読可能です。

↓単行本・電子書籍

↓Amazon Prime

Amazon Prime無料体験はこちら

↓Kindle Unlimited

Kindle Unlimited無料体験はこちら
スポンサーリンク

まとめ

本書を読むことによって、副業ライターとして「書いて稼ぐスキル」を身に付けることができます。

まとめ
  • Webライターの仕事は、調べごとをしている読者に「悩みを解消する情報」をわかりやすく、正確に届けること
  • 「ネット記事はどのような構造になっているのか」を知っておくことでスムーズに業務を進めることが可能
  • クラウドソーシングサービスを活用し仕事を獲得する

副業ライターとして「書いて稼ぐスキル」を身に付けるために、とても参考になる本です。

  • WEBライターになりたい人
  • 副業を始めたい人
  • 書くスキルを身につけたい人

上記に当てはまる方は是非読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました